増税対策はできていますか?

2013年10月23日 (水)

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

本日は北海道のご支援先の支援でした。

北海道では、紅葉の季節となっており、とっても綺麗ですね。

それでは、本題です。

モノクロという雑誌にこういったランキングが出ていました。

戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記

増税対策。

歯科業界にとって、重要な問題です。

皆さまもご存知であると思いますが、

来年4月以降に自費診療を予定している場合は、

9月までに契約していたら5%、10月以降は8%となります。

もう既に10月ですから、4月以降の自費治療を受ける場合は、8%となります。

来年の2月、3月は、高額診療などの駆け込み需要は、高まるでしょう。

一番問題であるのは、来年4月以降の自費診療の買い控え現象ですね。

セミナーでもずっと伝え続けておりましたが、

増税をすることで

プチ贅沢治療の減少が予想できます。

プチ贅沢治療とは、


審美治療であったり

メンテナンスや歯周病治療ですね。

今まで3ヶ月に1回必ず来てくれていた患者様も

「こちらからこれからは連絡するわ」とか

「6ヶ月に1回にならないかしら」ということが出てくるでしょう。

このようなことは

デンタルIQや健康の意識<<<買い控え

となるため、起こるわけです。

そうならないためにも、今のうちに

しっかりとした価値を今まで以上に伝えるようにしてください。

口腔内予防などのアプローチだけではなく

全体疾患との関わりや金属アレルギーの重要性など

多角的な視点からアプローチすることで、意識をもう一度きゅっと

引き締めなおしていただくことが大切ですね!!

ぜひ、今からお取り組みください!

頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る