夏休み冬休みは3ヶ月前には決める

2010年07月06日 (火)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

スタッフさんと面談を行い、医院の改善案を話し合ったりしていると

良く言われることがあります。

それは、お盆休み、正月休暇の日程を早く決めてほしい、ということです。

中小企業含め、企業であれば、3ヶ月前~年初には年間の休日計画が

決まっているものです。

院長先生にとりますと、非常に些細なことかもしれませんが、

休日の計画を立てたり、家族との休日の過ごし方をスケジュール

したい主婦の方に取ってみると重大な問題として捉えている人も実際にいました。

ここでの問題は、早く決めることであって、

あまり、休日の日数の多少ではないようです。

逆の視点で考えますと、早く決めておくことによって

スタッフのモチベーションが上がる効果があるわけです。

ご検討ください。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る