差別化しようと考えない

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

患者数を増やしたり、自費率をあげるために他医院との差別化をしようと考えていないでしょうか?

それ自体は決して間違っていないのですが、そうするとよい考えが浮かばないのではないでしょうか。
なぜそうなのかというと、患者を中心に置いて考えていないからです。

自院を中心において考えているからです。
患者に喜んでもらえる医院とはどのような医院かを考えることが大切です。
それが結果的に差別化となるのです。

先に差別化しようと考えると上手くいかないと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る