常に変化すると考え、対応している院長

コラムテーマ:
優れた院長の思考

こんにちは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

先日ある矯正歯科の院長先生と打ち合わせをしていましたが、

私のお付き合いしている方の中では、比較的、ベテランの先生

の部類に入るのですが、とにかく、新しい、情報に対する柔軟性、対応力が素晴らしい方です。

いつも、「最近の状況や変化何かありますか?」といったことを聞いてこられる。

少し前なら、ブログや最近ならツイッターなどの情報も持っていらっしゃる。

しかもお話したことを素直に受け入れてくださる。

「医院は順調なのに、どうしてそんなに新しい情報収集に熱心なんですか?」とお聞きしてみたところ、

「矯正歯科は、今月患者さんが来ていても、来月患者さんが来なくなると終わりだから、

危機感を持っているんですよ。今の患者さんの求めているものや情報が知りたいんです。」とおっしゃった。

だから、患者さんが安定してこられるのだと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る