【歯科】年末のボーナス(賞与)について

2009年10月09日 (金)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

昨日は大阪の医院さんに、本日は午前中、都内の矯正歯科医院さんにうかがった後、夜名古屋の歯科医院さんに経営相談に行って参りました。

年末の賞与の時期になってきましたが、企業の世界では業績に連動した賞与システムをとっているところが殆どなので、賞与が業績に応じて変動するのは当たり前ということになっています。

例えば今年の冬のボーナスでしたら、13%減というニュースが最近ございました。
http://www.asahi.com/national/update/1006/TKY200910060273.html

これは東証一部上場企業の一部なので、中小企業にいたってはさらに厳しい状況でしょう。

歯科医院も業績に応じて賞与を変動させていくというシステムをとっていく時代に入っていくのではないかと考えています。

一律に夏のボーナスが1ヶ月、冬が1.5ヶ月といった固定を取っているところが一般的ですが、スタッフ数が増えてくると、7月、12月の資金繰りが悪くなるようです。

例えば一つの考え方として簡単な業績連動を導入しようとすると、ベースを1.5ヶ月とするならば、例えば目標売上に対して110%の伸びがあれば、1.5ヶ月×1.1で1.65ヶ月、95%の結果ならば、1.425ヶ月ということになります。

但し、これらの施策はスタッフとの信頼関係、しっかりとしたな経営管理が必要になるので、その点も注意が必要です。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る