心からの願望を見つけたK先生

コラムテーマ:
優れた院長の思考

こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

先日顧問先のK歯科でこのような話がありました。
「僕も年齢が55歳になって、何歳で引退しようかとか考えてたんだけど最近そう考えるのをやめました。

そんなことを考えるとどうも消極的になってしまうんですよ。

一応子供もいますが、子供が継いでくれるかわかりませんし、

この医院は私が使い続けるようにしようと思うんですよ。

死ぬまでというわけではありませんが、できる限りやりたいと思うんです。

まだまだ、診療のシステム化とかできていないことはたくさんありますから。そのために力を貸してください。」

ということをおっしゃられた。

K歯科医院は売上げも高く安定しており、経営的には高いレベルで推移しておられる医院です。

正直今のままでも、いきなり悪化してしまうことはまずないだろうと感じさせるほどです。

このK先生は年が明けてからまだ2日しか休んでいないそうで、講習会やセミナーに参加し、

最新の技術を得ようと努力しておられます。

大変すばらしいことだと思います。

ただ、すべての先生が同じようになるべきだとも私は思わないのです。

顧問先には60歳できっぱりと引退された先生もいらっしゃいます。

要は、自分の心からの願望や目標を見つけ、それに向かって、努力をしたり進歩をする姿がすばらしいと思うのです。

心からの目標や願望を見つけることができれば、従来よりも力を発揮できると思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

当ブログ執筆者松谷直樹がお話しするセミナーがございます

2009年3月15日(日)に歯科医院経営半日セミナー歯科医院経営 基礎セミナー<広島会場> を行います。簡単!わかりやすい!そして効果のある!内容を凝縮してみました。
詳しくはこちら

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る