患者様が増えすぎることによる弊害

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

昨日は、静岡県と埼玉県の院長先生にお会いしていました。

今は、大阪へ向かっている最中です。

最近、私がお付き合いしている先生方の周りで、このような課題があります。

患者さんが多すぎることによる弊害

です。

患者さんが増えたが故に、

1日あたりの患者数が1ドクターで60人~70人診ているような状況です。

二極化が進んでいる今、勝ち組医院さんでよくある現象です。

このまま、進んでいくと、どのようなことが起こるでしょう。

1.体力的負担が大きくなる


2.診療の質の維持ができなくなる


3.満足度が保てなくなるため、口コミ率が低下する


4.将来的には自費率が下がる


5.ユニットあたりの生産性を下げる


6.カルテ記載する時間がとりにくくなる


7.スタッフが疲弊する

もっと色々な2次的マイナス要素はありますが、とにかく悪循環となります。

どたばた診療を続けていると、5年後、10年後、生き残りに不安を感じます。

上記の1~7は、お分かりだと思いますが、全て連動しています。

この状況を回避するためには、抜本的な見直しが必要となります。

私のコンサルティングテーマは、院長先生、患者さん、スタッフさん、関わる方全ての人が幸せを感じることです。

どたばた診療をしていても、「時間がない」、「忙しすぎる」と院長先生やスタッフさんからはいわれ、

患者さんからは「待ち時間が長い」、「予約が取りづらい」などと不満の声を口にします。

売上は上がっても幸せからは程遠いです。。。

ぜひ、歯科治療の質の確保をするためにも、

患者数を絞り、

しっかりと時間を取り、

結果として収益性を落とさない、高める診療スタイルに切り替えていってください。

応援しております!!

頑張ってください!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る