成功歯科医院を体感しよう

2011年09月17日 (土)

コラムテーマ:
充実したミーティング・研修をしよう

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

昨日は和歌山のご支援先、明日は研究会だったのですが、支援先のみなので、集合支援です。

最近、私のクライアント様では、クライアント様同士で医院見学会や合同ミーティングなどを盛んに実施しています。

やはり、皆様、知的向上欲がわいてきているようです。

私たち船井総研の歯科医院経営コンサルタントチームでも10月9日、繁盛歯科医院視察ツアーをしますが、案内してからはや1週間でバス1台が満員となりました。(急遽、バスをもう一台用意する予定です)

ご興味ありましたら、是非、クリックし、ご覧ください。

話は戻りますが、合同ミーティングや合同プレゼンテーションは、スタッフの成長にも役立つようです。

この前も合同ミーティングを支援先同士で行っていましたが、どちらの医院のスタッフさんも熱心に資料を当日にむけて作っていました。

では、合同で行うメリットを整理してみましょう。

1.「負けない」気持ちが芽生え、闘争心がわく


2.普段インプットしたことをアウトプットするいい機会である


3.素直に新しい情報をインプットできる


4.横のつながりが深くなる


5.アウトプットすることで自信につながる

の5点だと私は感じます。

ぜひ、大学の先輩、友人、後輩、歯科医師会つながりなどの知り合いでモデルとなる方をピックアップし、声を掛けてみてください。

刺激があるよい1日となるはずです。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る