成長する院長が心がけていること

2010年06月27日 (日)

コラムテーマ:
優れた院長の思考

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

先日、顧問先の院長と食事をさせていただだきました。

その院長は数年で業績を数倍にも伸ばされた顧問先の中でも

随分成功された院長のお一人であります。

その際に、「医院経営において気をつけられていることはなんですか?」

とお聞きさせていただきました。

そこでの要点はズバリまとめると

「よいと思ったことは即実行する」ということでした。

実際、実行量が増えると、その分成果も何倍にもなって出てくる。

またその成果の出るスピードも速くなる、という事実として表れています。

何をやるか、という手法の問題ももちろん重要なのですが、実行力を

どのように高めるか、という点の方が重要だと感じました。

歯科医院院長という多忙な職種上、周りに先駆けて実行できることは

大変なアドバンテージになると思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る