歯科医院での採用は相性で決めましょう

2008年05月07日 (水)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

こんばんは。

株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

いつも悩むことのひとつとしてスタッフさんの採用活動がある。

医院としては、ベストの人材を採用するためにどの人を採用すべきか、悩むことが多いだろう。

そこで、採用基準を明確にする必要があるのだが、どうしても、過去の経歴や能力がある人を採用してしまうそうになるが、私はあまりおすすめしていない。

なぜかというと、能力がある方というのはうまくいくときももちろんあるが、最終的にうまくいかないこともある。

それはどのようなときかというと院長との相性である。

やはり、毎日、一緒の空間で働くわけだから、相性の会わない人と一緒に仕事をするのはツラクなってくる。

多少能力は劣っても、相性がよりあいそうな方を採用することをおすすめします。

ただし、上記以外にも採用基準は確かにあるので、また別の機会に紹介したいと思います。

ご質問等ありましたらmatsutani@funaisoken.co.jp

㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹まで

——————————————————————————————–

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る