本業があってこそのサービス

2013年04月18日 (木)

コラムテーマ:
患者様に満足していただくために

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

昨日は北海道、本日は大阪でご支援です。

今日、病院に行くために、タクシーに乗りました。

このタクシーは、接客サービスが売りの有名な某タクシー会社さんです。

まず、予約をするために電話をしたら

「研修生の○○です・・・」

と。

予約して、急いでいる旨を伝えたら、

予定時間から15分遅れて、到着。

そこでまた

「新人の○○と申します。・・・」

なぜ、急いでいるのに新人を派遣するのだろう。

と思いながら、様子を見ていると

・道を全く知らない

・カーナビの操作方法が分かっていない

・急いでいるのにマイペースな対応

さすがに注意すると、運転手さんから一言。

「新人なもんで、道を知らないし、不慣れなもので・・・」

私は、タクシーを乗り換えました。

サービスは、本業あってこそのものです。

歯科医院様における本業とは何でしょうか。

いうまでもなく、

・むし歯治療を治すこと

・歯周病治療を防ぐこと

・美味しい食事を味わえる口腔内環境を整えること

ですね。

この本業での満足感があってこその、心のサービスが重要です。

ぜひ、

歯科医師としてのスキルアップ

歯科衛生士としてのスキルアップ

受付・アシスト対応のスキルアップ

を大切にしてください。

そんな本質的なことを感じた午前中でした。

そして、新人かどうかはお客様には関係ありません。

今皆さまも、新人教育に追われているかと思いますが、

患者様の前では、プロフェショナルとして接するように教育してください。

では、今日も1日頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る