正しいミーティングをしよう

2011年06月21日 (火)

コラムテーマ:
充実したミーティング・研修をしよう

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

日曜日は東京でリーダー研修、昨日は東京の歯科医院さんで支援、本日は旭川の歯科医院さんで支援をさせていただきます。

本日は、ミーティングの正しい運営方法についてご紹介しましょう。

私もよくご支援先のミーティングに参加することは多いのですが、

正しいミーティングを実施しているところは、意外に少ないです。

正しいミーティングとは、私の定義づけは、

「実際診療している生産性を超えることができるかどうか」

です。

つまり、ミーティングは、診療をストップして実施するわけですから、

直接的な生産性は、ゼロです。

たとえば、1時間あたり5000点の生産性がある歯科医院である場合、

2時間ミーティングをしている場合、1万点の生産性がなくなるわけです。

ですから、1万点以上の価値があるミーティングを実施していないと、

ミーティングを実施するよりも、通常通り、診療をしていたほうがよいということになります。

では、どのようなミーティングをしていけばよいのでしょうか。

スタッフの発言が少ないミーティングの原因には、大きく2つあります。

1.どうせ院長に否定されるし・・・

2.この提案内容がしょうもなさすぎて、怒られるかも・・・

過去の経験もあり、心理的にこのように感じているスタッフは少なくありません。

正しいミーティングのコツは、

1.全員おなじ立場に立つ

2.提案ミーティングと検証ミーティングを分ける

ことが大切です。

ドクター、歯科衛生士(看護師)、歯科助手(看護助手)といった職種の権限であったり、

新人、中堅、幹部などの職歴権限がミーティングで出てしまうと、

出てくるはずの提案も若手や無資格者からは出てこなくなります。

また、どんなくだらないことであっても、

提案と検証をミックスさせてはいけません。

一度、どんなくだらない提案だろうが、お金がかかりすぎる提案だろうが、

全て共感し、全て聞き出していきます。

全て挙がった提案を、後で検証していけばよいのです。

ミーティングの経験も増えれば、提案の質も高まっていきます。

是非、実践してみてください。

応援しております。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る