歯科医院における「そろばん」と「理念」

コラムテーマ:
歯科医院経営

今日は札幌に来ている。
ある院長先生は、以前は患者のためになるのであれば、極端に言えば、医院の利益を削って診療をされていたそうだ。
しかし、その結果、院長は疲弊し、スタッフの給与を減らし、新たな投資もできなくなってしまい、医療の質を向上させることが難しいということに気づいたそうだ。
必要以上に利益を上げる必要はないが、
継続的に医療の質を向上させ、医院を成長させるためには、
①スタッフの給与を上げ続け、モチベーションを向上させ続けること
②常に最新の情報と機器を取り入れ続けること
が必要だ。
この2点を達成するために、
適切な利益を常にあげ続けることが必ず必要だと思われるようになったそうだ。
そのためには、医院経営を考えることは必須の条件となる。
「経営」とは右手に「そろばん」左手に「理念」を持ちながら行うものだと、弊社のコンサルタントの岡聡が言った言葉であるが、まさにその通りだと思う。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る