歯科医院における今後の重要ポイント

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

本日は京都の医院様に伺ってきました。

今後、医院の方向性をよりハイクオリティな診療、あるいは「きちんとした」診療

にしていきたいとお考えの場合(保険、自費は関係なく)、

もっとも重要なポイントになってくると思うのが、スタッフの

レベルアップだと考えています。

レベルアップというのは、技術面、接遇面、マインド面全てにおいてです。

保険診療主体の場合、あるいは多人数の患者を短時間で見るという場合はそれほど

スタッフのレベルは問われないでしょう。

患者側も期待をしていないからです。

しかし、ハイクオリティな診療を提供していきたいと考える場合、

院長の提供する技術レベルに伴ったスタッフのレベルの向上が必要になります。

その場合、考えなければならないのが、「採用」と「育成」です。

これらは短期間で成果を上げていくことは難しいので、長期的な戦略を持ちながら

あせらず、取り組んでいきましょう。

明日は大阪の医院様に伺ってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る