歯科医院の利益の考え方(2)

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

(前回続き、下記数値データは、一部顧問先医院の数値データを参照させていただいたものですので、該当しない場合もございます。ご了承ください。)

そうするとチェアと売上の関連性も明確になってきます。

仮に1レセプトあたりの月間平均点数が1200点だとするとチェア1台あたりの月間売上は120万円程度になります。

保険診療100%の場合は生産性はチェア3台で最大360万円程度となります。

これが現在の歯科医院のビジネス視点から見たおおよその生産性ではないかと思います。

従って、さらに生産性を上げようと思うと自費診療を考える必要があります。

次に売上と利益のバランスを考えてみましょう。

利益を正しく保つためには 歯科医医院の場合経費の中でまず、チェックすべきなのは人件費ではないでしょうか。

なぜなら歯科医院における経費のなかで最も高い比率の部類だからです。

人件費の適切な比率は20~25%のようです。(代診Dr等在籍していない場合で、スタッフの給与、賞与、福利厚生費等含めた比率)

これを大幅に越えると利益が少なくなる傾向にあるようですので一度確認をすることをおすすめいたします。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る