歯科医院の看板戦略での増患

コラムテーマ:
増患ノウハウ

こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。
新患が少ないのですが、どのようにすればよいかというご質問を受けます。

まず、その際に、お話しているのが、新患の来院ルートを把握いきましょうということです。

具体的には、知り合いからの紹介、家族からの紹介、看板、ホームページ、タウンページ、書籍、雑誌、あたりが考えられます。

これらを問診表で把握していきましょう。ということを申し上げています。

相談先のA院は、看板からの数値が極端に少なかったのですが、3ヶ月くらいに1名くらいだということでした。

歯科医院の場合、看板からの集患は月間5名以上いれば、合格と考えてよろしいかと思います。
(もちろん立地によりますが・・・)

そもそも歯科医院の看板とは、何のためにあるのでしょうか、ということを考える必要があります。

ブランド力アップ、イメージアップ、医院と駐車場がここにあることの告知・・・

私は、最も優先順位の高い目的は「集患」ということにあると、思います。

極端にいいますと、イメージが大変よいものでも、患者さんが全く来ません・・・というのでは、看板の費用対効果は全く無いと考えています。

看板は決して、安価なものではないですよね。

しっかりと考えて、作成するべきだと考えます。

何点かポイントを上げてみましょう。

1.歯科医院だということが遠くから見てもわかる看板か
まず重要なのは「歯科医院名」ではなく、「歯科医院」がそこにあるという看板かということです。
極端に言いますと医院の名前は患者さんの関心事ではなく、歯科医院に関心があるということです。
具体的には歯科、という文字がわかりやすいか、歯や歯ブラシのようなイラストを活用し、歯科を連想させるものになっているかということです。
大きさも大きい方がよりわかりやすくなります。

2.明るい色(暖色系)を使用しているか
どちらかというと明るい色、オレンジ、ベージュ、明るい緑色・・・等の明るい色をオススメいています。理由は明るい方が目立つからです。それだけの理由です。

3.自院のターゲット患者層と合致した、イメージ、自体、イラスト、が入っているか。
ファミリー対象なら、家族を連想するイラスト、お子様に受け入れられるような漫画調のイラスト、やわらかい自体を活用すべきでしょう。
審美、系成人女性を対象にするならば、シャープな自体、落ちついた色、(茶色系)が望ましいでしょう。

4.自院の特徴が何らかの形でわかるようになっているか
診療時間が8時などまで行っているなら、入れるべきでしょう。
診療科目も入れるべきでしょう。
ファミリーターゲットなら必ず小児歯科と入れるべきでしょう。(小児歯科を標榜していないと小児歯科ができないと思っている母親も一定数いると思われます)
(医療広告法の範囲内行うことに注意しましょう)

このあたりのポイントが押さえられていれば、集患できる看板となっているはずです。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る