歯科医院経営のありかた

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今日は大阪事務所で月に2回ある全社会議の日でした。

歯科医院において「経営とは何か」ということを考えます。

より高い売上を上げ、利益を残すことが目的でしょうか。

よいスタッフレベルの向上が目的でしょうか。

自費率の向上をはかりキャッシュフローを向上させることが目的でしょうか。

リコール率が高いことが良いことでしょうか。

それぞれ正しいとは思いますが、それが歯科医院経営の目的ではないと思います。

私が考えるのは


「患者にとってよい治療を提供し喜んでいただくため」、

ということが歯科医院経営の目的です。

従って喜んでいただくための大前提になるのが、

患者の歯科疾患を治療できる治療技術です。

歯科医院経営は治療技術があってこその手法と思います。

極論すると、治療が下手なのに経営ノウハウを駆使することで、

患者を多く集めることは可能です。

しかし、それでは患者は長期的に考えると不幸になる可能性が高くなります。

一方で、「患者にとってよい治療を提供し、喜んでいただく」ためには、

治療技術だけでは無理です。

高い治療技術を提供し続けるためには、安定した経営基盤が必要になるからです。

それは金銭的な利益だけではなく、スタッフの高い接遇技術、ホスピタリティ、

患者への説明能力の向上、啓蒙能力、新しい機材、技術への投資

結果としての高い自費率、医院ブランド、リコール率の向上を達成することです。

そのために経営ノウハウを活用することが大切です。

・口コミを増やすために○○をする。

・新患を増やすためにホームページをリニューアルする。

・モチベーションを高めるために自分達がワクワク楽しく仕事をする。

これら患者不在の医院視点の方法論とも考えられます。

この手段と目的を混同しないように、本質的な歯科医院経営とは何か、

ということを考えていただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る