歯科医院経営ブログ・「強い歯科医院」とはどのような歯科医院か?

2013年11月30日 (土)

コラムテーマ:
歯科医院経営

久しぶりの記事になります。


今日は大阪の歯科医院さんでのコンサルティングでした。


先日ある院長先生から「強い歯科医院とはどのような歯科医院だと思いますか?」という質問をいただきました。


私は、強い歯科医院とは「スタッフ満足度が高い歯科医院」だと思います。


スタッフ満足度が高いとは、スタッフさんが働きがいをもって、イキイキと一生懸命働いていることです。



なぜそのようなことを申し上げるのか、といいますと、よい医療サービスを提供しようと思えば、院長ばかりでなく、スタッフの満足度が高くなければ、よい医療サービスは患者さんに提供できないと思うからです。



スタッフ満足度が低ければ、仕事は適当でよい、給料分の仕事をしていればよい、と考えるわけですから、患者さんへの医療レベルも下がる傾向になるでしょう。



もし、院長が全ての患者に全ての医療サービスを提供するのであれば、構いませんが、実際には、受付スタッフ、歯科衛生士、歯科助手、TC、という形で、分業体制になっているため、スタッフさんによる医療サービスは多分に大きいわけです。



患者さんに喜んでもらえる医療を提供するためには、スタッフさんが働きがいをもって、イキイキと一生懸命働いてもらうことが欠かせません。



そのためには医院理念や方針に対してロイヤリティを感じ、労働環境に満足度が高くなければ、そのようにはなっていきません。



従って、スタッフ満足度は医療レベル、医院レベルに直結し、高ければ高いほど、強い歯科医院だといえるのだと考えます。



もちろん、スタッフ満足度が高いが、院長は不満を持ちながら仕事をするということは望ましくありません。スタッフさんのいいなり、というのでは、院長が長持ちしません。



院長満足も両立しながら、仕事をしていただくことも重要なポイントです。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る