歯科医院経営ブログ・スタッフさんに主体性を発揮してもらうには?

2014年04月29日 (火)

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。歯科医院経営コンサルタントの松谷直樹です。


スタッフさんに主体的に仕事をしてもらうためには、指示をして仕事をしてもらうのではなく、仕事を任せることで発揮することができるというのがセオリーです。


但し、これにはポイントがあります。


ポイントとは小さな部分から任せるということです。


例えば、メインテナンスのシステムを考えてください、というとあまりにも範囲が広すぎてやりきることができず、できないことが殆どです。


しかし、メインテナンスのシステムはこうしようと思っていて、この資料を使って、こういうトークをしようと思うんだけど、もっといいやり方はあると思う?

という聞き方をすると改善案を出してもらえます。


そしてその改善案を取り入れることで、スタッフさんは自分が主体的に関わったという認識をもつことができます。


これを繰り返して行き、徐々にその範囲を広げていきます。


最終的には大きな範囲の仕事を任せられるようにしていくことができるでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(セミナーのご案内)

保険の義歯を中心に提供していた歯科医院が、自費の義歯を月間5床提供するようになった秘密……
『義歯強化型歯科医院の作り方』

【開催日時】 2014年5月25日(日)大阪/2014年6月29日(日)東京


《詳しくはこちら》
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/514164.html

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る