歯科医院経営ブログ・スタッフさんを「育成する」のではなく「育つ文化」を作る

2012年09月28日 (金)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

今日は夜に大阪の歯科医院さんに伺う予定です。


お付き合い先の院長先生は、皆さん例外なく人材育成に熱心なので、どのようにすればスタッフさんが育つのか、伸びるのかということに毎日心を砕かれています。


例えば、院内で勉強会をする、外部勉強会に出る。本を読んで読書感想文を書いてもらう。他院に見学に行く・・・等々。


これらの試みの結果、能力を高め、数人分の仕事ができるようになるまで成長をしていくスタッフさんが出てきます。


ここでしばしば見受けられるのが、このAさん(仮)の能力を十二分に発揮してもらう状態でとどまってしまうことです。


違う視点で見れば、院長はAさんに頼っているともいえますし、Aさんがいることで安心している状態になっているとも言えます。


お付き合い先のある院長は、ここで、新たにスタッフさんを採用し、Aさんと同じような仕事ができるようなBさんを作ろうと考える方がいます。


この考え方は非常に大事だと思います。


Aさんの能力やモチベーションをAさんだけのものにするのではなく、新人のスタッフさんにも伝え、広げていくことが大切です。


そしてAさんには、それが次のAさんの役割だよ、と伝えることです。そうしてAさんの仕事をシフトチェンジしていくことで、Aさんの考え方、仕事の取り組み方を医院全体の文化として定着させていくことです。


そのような医院が安定して成長し続ける歯科医院になるのだと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る