歯科医院経営ブログ・スタッフさんをコントロールしようと思わない

2012年08月26日 (日)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

今日は九州で二つの医院さんに伺って、大阪に帰る途中です。


スタッフさんを自分の期待通りに動かそうと考えれば考えるほど、実はできなくなることがあります。


そうではなく、「患者さんのためによい治療をするにはどうしたらいいか一緒に考えよう」というと期待に答えてくれるようになってきます。


この場合院長とスタッフは「院長とスタッフとという上下関係」から、「患者に向かい合う一つのチーム」に変わるからです。


この時の患者に対する目線は同じ高さです。上下関係ではなくなります。


一体感を作り出すにはこのようなスタンスが大切なんだと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る