歯科医院経営ブログ・スタッフに自分のキャラクターを知ってもらう

今日は東京で院長向けの勉強会を行っていました。


スタッフと院長がお互いに前向きに働きたいと考えるのは当然のことと思います。


しかし、現実は互いに思うようにいかないこともあるように感じます。


院長は・・・
・なぜこの人は思うようにやってくれないのか。
・こういう言い方をしたら、嫌な気持ちになるだろうか。
・前に言ったのに同じ間違いをしている



スタッフは
・院長が何を考えているのかわからない
・前に言っていたことと変わっている
・言いたいことはあるが、言いにくい


これらのギャップを解決しようと日々コミュニケーションを図っていることと思います。


コミュニケーションを図ることは大切だと思いますが、「なぜそのようなことを院長がいうのか」という目的や背景を伝えることも重要です。


言い換えれば、「自分はこういうことを大切にしている」「自分はこういう人間だ」ということをスタッフに理解してもらい、協力してもらうということです。


例えば、麻酔の種類を複数使い分けているのであれば、なぜなのか、ということを伝えることです。こだわるポイント伝えておくことで、この先生はこういうことにこだわる人なんだ、ということを理解してもらうのです。


あるいは、もし忘れっぽいのであれば、「自分は忘れっぽいので、前言ったことを忘れているかもしれない、だから気付いたら指摘してほしい」と自分の弱点を開示してしまうことで、認識がずれなくなり、反対に信頼を得ることができます。


こういったことを伝えることを怠ると、いざ指導したときに、「なにそれ?」となってしまうことになりかねません。


反対に普段から自分の考えやキャラクターを伝え理解してもらうことで、スタッフさんの予想の範囲内のコミュニケーションをとることができるようになり、スムーズな関係が作れるようになるでしょう。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る