歯科医院経営ブログ・スタッフ面談で心がけていること

2014年11月01日 (土)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

船井総研歯科医院経営コンサルタントチームの松谷です。


顧問先の歯科医院ではスタッフミーティングの司会をさせていただくことがあるのですが、ミーティングを行う前には必ずスタッフ面談を行うようにしています。


いきなりミーティングをして、全く知らない人から話を聞くよりも事前に一度1対1でお話をしているほうがスタッフさんの姿勢や目線が違います。


しかし、その際の面談の方法やスタンスも重要だと考えています。


私は初めての面談では、聞き役に徹し、スタッフさんの発言内容について肯定も否定もしないようにしています。


目的は信頼関係を作ることであり、何かその場でメッセージを伝えようとはしていないからです。


何かメッセージを伝えようとすると、その人の考えを否定してしまう可能性があります。


そのような場合、今後医院が何か一つの内容を作り上げていくための協力体制が作りにくくなってしまうことがあるのです。


ヒアリングに徹することで、この人は色々な話を聞いてくれる人だと思っていただきやすくなります。


そのように思っていただければ、後々のミーティングも非常にスムーズにやりやすくなるのです。


同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る