歯科医院経営ブログ・セミナーに参加する理由

2012年09月23日 (日)

コラムテーマ:
優れた院長の思考

今日は兵庫県の歯科医院にコンサルティングで伺ってきました。


最近、顧問先医院さん同士で医院見学に行っていただくようにお話したりしています。


理由は刺激を受けられるからです。


元々、レベルの高い先生同士がお会いになられるので、より刺激になるのだと思います。


例えば、レベルの高いDrには、セミナーによく参加されるという共通項があります。


ある先生に、私が「どうしてそんなにセミナーに出られるのですか?」とお聞きしたことがあります。


その先生はこんな風におっしゃられた。


「僕たちは大学で学んだ技術を元に何十年と仕事をしていくわけでしょう。


そうすると、その時学んだの技術は当然古くなるわけで、そんな古い技術で、何十年も、患者さんにお金をもらおうと考えるほうがおかしい。患者さんも古い技術で治療を受けるのは嫌ですよね。


だから、常に最新の技術をお金を払ってセミナーに参加して仕入れていかないといけない。


一般の企業だと、投資をして、研究開発をして、常に新しい技術革新がされて、製品をバージョンアップしていますよね。


歯科医院も同じだと思います。


だから僕は仕事を辞めるまでずっと勉強しないといけないんですね。」


ということをおっしゃられました。


こういう思考をしている先生は例外なく、患者さんが来られている歯科医院ですね。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る