歯科医院経営ブログ・リコール率が向上するポイント

2012年09月10日 (月)

コラムテーマ:
歯科医院経営

今日は大阪の歯科医院さんでコンサルティングでした。


先日あるお付き合い先の歯科医院さんで衛生士さんの定期健診での施術内容を体験させていただきました。


目的は説明内容や施術内容を再度見直すために受けさせていただきました。


大変心地よかったです。ありがとうございました。


個人的にも定期健診に通っていますが、改めて、思ったのが、治療中のどこかのタイミングで(できれば最後に)一度定期健診と同じ施術内容を受けることで、リコール来院率は向上する、ということ。


やはり、こういう心地よい施術を一度受ければ、定期的に受けたいと思ってしまいます。


反対に、いくら、口頭で、定期健診の重要性を説明されたとしても、どのような内容をされるのか、といった体験が無ければ、来院しない方も増えると思います。


今まで、提案してきたことですが、自分が体験することで、改めて気づかせていただきました。


同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る