歯科医院経営ブログ・保険制度に影響を受けない医院作りとは?

2012年09月07日 (金)

コラムテーマ:
歯科界の動き

今日は大阪の歯科医院さんでコンサルティングでした。


今後の国民皆保険制度はどのようになっていくのでしょうか?


一般的には点数が下がる、厳しくなる、今まで適応していた項目が外れる等々と言われます。


それが、いつの時点で何がどうなるのかはそれは誰にも分かりません。

TPPが最終的にどのような形で決定されるかということも大きな変動要素です。


しかし、医院として今から対応しておくべきことは確実にあります。


一つは「ファン患者」を増やすということです。


「ファン患者」とは「どうせ治療を受けるなら先生の医院で受けたい」、という方をどれだけ増やすか、ということです。


具体的に言い換えれば「予防の定期健診患者にどれだけ来ていただけるか」ということです。

様々なコンサルティング先を見ていて、言えることは、私の基準で言えば、月間の予防の定期健診患者が最低150名以上、リコール率80%以上というのを一つの目安にしていただくとよいと思います。


これくらのボリュームの患者さんが来られていれば、十分ファン患者がいらっしゃると考えてよいでしょう。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る