歯科医院経営ブログ・優秀な院長の共通項

2014年04月27日 (日)

コラムテーマ:
優れた院長の思考

優秀な院長の共通項は医院の課題を一つでも多く見つけられる能力、またそれに対する改善点を考えられる能力だと思っています。


しばしば、このようなことをおっしゃられます。


「やりたいことが色々あるんですね。」という言葉に表れます。


しかし、本当に優秀な院長は、そこからやることの優先順位をつけることができるようです。


例えば、10個医院の課題を見つけているとすると、10個のうち、6つ目と9つ目をまず最初に行い、

その次に1つ目と3つ目を行う、というストーリー作りをされるということです。


そうすることによってより効果が上がるということを知っておられるようです。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る