歯科医院経営ブログ・初診患者に何を伝えるべきか

コラムテーマ:
増患ノウハウ

今日は大阪の歯科医院でコンサルティングでした。


歯科医院の初診対応が大切であることは全てのドクターが認識されていると思います。
はじめての行く医院に対する不安感や恐怖感、低い信頼感を向上させるための方法として問診とは異なる初診カウンセリングを重視し、導入されています。
一方で歯科医院は患者の要望を聞くことも大切だが、医療機関としてどういう治療があるべき治療の姿なのかを語ることも必要なことだと思います。
患者は歯科医院をむし歯や歯周病を疾患を治すところだと認識している人に対して、当院がどのような治療を良いと考えていて何を行っているのかを語ることが大切です。

例えば、治療をするだけでなく、健康を維持できることを目標にしている

例えば、痛みを感じず、心地好い気分で帰っていただく

例えば、再発しないような治療を行っている

例えば、美しさを追求した治療を行う

等々、あるべき姿、目標としている治療を伝えることです。


そういう考え方に共感していただくことで、患者はファンになり、紹介が増えていくという循環に入るのです。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る