歯科医院経営ブログ・勤務医のレベルアップをどのように考えるか

2012年09月20日 (木)

コラムテーマ:
歯科医院経営

昨日に引き続き、勤務医をテーマにし、勤務医のレベルアップや評価について考えてみます。


ドクターが複数いても、院長のみの場合でも、一般的に患者さんは院長先生に治療を受けたいと考えています。


なぜなら患者は一般的に院長も最も信頼しているからです。


そのような中で、勤務医に治療を受けることに抵抗のない方もいらっしゃるが、気にされる方もどうしてもいらっしゃると思います。


従って、院長よりも関係性を築くのは、ハードルが高くなってしまうわけで、しばしば、クレームが起こりやすい環境であることも確かかと思います。


一方で、勤務医の先生方のレベルアップをプライドを考慮しながら、どのように図っていくのかということを考えておられる院長先生も多いかと思います。


私は、特に気になる場合は、アフターカウンセリングという形で、初回来院から3、4回程度来られた際に、スタッフさんから、治療に対する、感想、要望、希望をヒアリングする機会を設けるようにしていただいています。


紙のアンケートではなく、直接スタッフさんがヒアリングすることで、より知りたい情報をお聞きできます。できればお話しやすいように個室やカウンセリングルームが良いでしょう。


勤務医ごとに患者の感想を把握することで、そのドクターの傾向が出てきます。


「麻酔が痛い・・・」

「よく話を聞いてくれる・・・」

「治療した箇所が痛い・・・」


それらをフィードバックしながら、院長と一緒に長所と改善点を一緒に考えることで、よりレベルアップしていくことができると思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る