歯科医院経営ブログ・定期健診に継続的に来られている患者さんについて

2012年08月27日 (月)

コラムテーマ:
歯科医院経営

定期健診に継続的に来られている患者さんがいらっしゃると思いますが、その方々がどれくらい、定期健診の必要性を理解してもらって、来院されているか、ということは歯科医院にとって重要なことだと思います。


しばしばあるのは、歯科医院側が来なさいというので行っています、という患者さんのパターンです。


このような患者さんは自分の意思ではなく、歯科医院側に言われたからきていますということですから、定期健診の重要性を理解していない可能性があります。


大切なことは、患者さん自身に、自分にとって定期健診は大事なので、行こうと思ってもらうことです。


そのためには、スタッフ、ドクターがそのことを伝え、働きかけていかなければなりません。


医院のために来院してもらうのではなく、患者さん自身のために来院してもらう、ということです。


その指標として、リコール患者が、患者さんをどれくらい紹介してくれているかということを調べればわかります。


自分が気が進まず、定期健診に通っていれば、紹介しようと思わないでしょうし、自分自身が必要性を感じていて、この医院はおすすめだと思っていれば、紹介につながっていくからです。


一度調べてみる価値があると思います。



同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る