歯科医院経営ブログ・患者視点での説明がスタッフモチベーションを高める

2012年08月22日 (水)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

今日は兵庫県の歯科医院さんでスタッフミーティング後、大阪の歯科医院さんでDrミーティングでした。


スタッフさんの意欲を高める方法は色々とあると思うのですが、重要なポイントは「常に患者視点で物事を判断していく」ということでしょう。


例えば、殆どの医院は「急患をいつでも受け入れる」というスタンスだと思います。


しばしば、スタッフさんから出るのは、「急患を受け入れると、予約患者さんに迷惑をかけてしまう」という意見です。


これに対する説明として、どのように答えるかが重要です。


例えば、「患者さんを多く診たいから」という説明は、患者視点ではなく医院都合です。


患者にとって患者数が多く来ているかどうかは関係なく、自分の治療をしっかりしてほしいという思いがあるだけです。


例えば「痛みのある人、困っている人を解決してあげるために、やむを得ず、急患を受け入れる、という形をウチの医院はとっている。その代わり、予約の人を優先し、急患さんには待ってもらう。そして、次回からは予約してからきてくださいね。と伝えよう。」


という説明は患者視点の説明になります。


スタッフさんは患者さんにとってベストの診療したいと皆思っています。


その気持ちを院長が大切に扱うことが、モチベーションを高める有効な方法だと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る