歯科医院経営ブログ・新しい取組みを導入するときに必要な視点

2012年08月13日 (月)

コラムテーマ:
歯科医院経営

船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

ある歯科医院ではP治療を行う患者には、歯周病のカウンセリングを行っています。


また、治療終了時にリコールのカウンセリングも行っています。


ここで、問題になるのが、誰に何のカウンセリングをいつしたのか、最もオペレーションに負担をかけることなく記録しておく方法を決めることです。


記録をしておかなければ、同じ方に重複してカウンセリングをしてしまう可能性が出てくるからです。


一般的には、カウンセリングシートや、第2カルテのようなものに、チェック欄を設けて日付を記載することでしょう。


一見この方法は問題なさそうに思うが、実は現場オペレーションと言う観点から非効率な部分があります。


例えば、カルテにはさむといちいちカルテを開かないと確認できない。


そこで、時間ロスが発生します。


ある医院では、カルテの上部のファイル上にあらかじめ、Pカウンセリングは○印、リコールカウンセリングは□印を入れて、その中に日付を書き入れるようにしました。


そうすることで、カルテを開かなくても一目で、Pカウンセリングを行ったかどうかがわかるようになります。


また、○や□にしているのは、全部黒マジックで書けるようにするため。


赤や青の色ペンにすることで、ペンを使い分ける必要性が出てきます。


それも時間ロスになるからです。


新たなことをはじめるのは簡単だが、そのためにはオペレーションに負荷がかかることを理解し、最も楽に、簡単にオペレーションを組んでいくことをしないと、スタッフさんに余計な負担をかけるばかりになってしまうでしょう。


この点を理解しながら新しいことを取り入れていかなければ、いずれ、スタッフさんに受け入れてもらえなくなっていくでしょう。


オペレーションと言う視点で、もう一度見直していただくと発見があることと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る