歯科医院経営ブログ・有限の人材と時間をどこに集中させるか

コラムテーマ:
歯科医院経営

直近10年間程度の歯科医院経営の成功法則は3つあると捉えています。


①患者サービスの強化

②診療メニューの強化

③診療圏の広域化(分院展開、訪問診療)


特に①患者サービスの強化、は顕著です。


接遇対応、カウンセリング、各種の資料提供、待合や診療室の快適性、駐車場対応等々・・・、これらのサービスを強化すればするほど、他院との差別化が可能になり、高いレベルで実践している医院には間違いなく、患者さんが圧倒的に集まるという現象が起こっています。


ここでよくあるパターンが、色々なことを全部やろうとしていて、一つ一つへの取組みが中途半端になっているケースがあることです。


あるいは、スタッフさんがよく目的を理解しないまま、取り組んでいるケースもあります。


あるいは、色々と取組みやろうとすることで、スタッフさんへ負担がかかり、疲弊してしまっているようなケースも見受けられます。


例えば、初診カウンセリングについて考えてみます。


初診カウンセリングを行っている医院は多いと思いますが、それを、何のためにやっているのか、ということを院長、スタッフ全員が把握していないと、単なる業務としてやっている、ということになりがちで、カウンセリング自体、事務的な対応になってしまうケースがあります。


初診カウンセリングとは、「患者の不安を取り除き、信頼関係を作る最初の第一歩」と私はお伝えしているのですが、その点を全員が理解してもらうことが内容よりも大切だと思います。


反対に中途半端になってしまったり、目的が良く理解されていない、患者対応への取組みであれば、一旦止めてしまうという選択や改めて目的を伝えなおす、という作業が必要かと思います。


有限の人材と時間をどこに集中させるか、という発想が大切なのだと思います。


===============================================================================
【セミナーのご案内】
===============================================================================

本日はセミナーのご案内です。

「マウスピース矯正専門外来を立ち上げる方法」

今後の医院の将来を見据えて、マウスピース矯正を医院のブランドにしていきたい、
マウスピース矯正を強化し、他院との差別化を明確にしたい、とお考えの院長先生に、
当セミナーにお越しいただきたいと思います。


《詳しい説明はコチラ》
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/513311.html

■セミナーでお伝えする内容■
・マウスピース矯正専門外来の立ち上げ方
・マウスピース矯正希望患者に月間5名以上来院いただく方法
・患者さんに納得いただき、選択していただくカウンセリング手法
・他の矯正治療との差別化方法


■当セミナーを実施する理由■
私の顧問先の歯科医院では、
最近このような患者さんが増えていると院長からお聞きします。

・矯正治療を受けたいが、ブラケット矯正はイヤだ
・できるだけ目立たない矯正を受けたい。
・矯正治療を受けたいが、どの医院がよいかわからない。
・遠方でも安価であれば矯正治療を受けたい。


皆様の医院は、このような訴えをされる患者さんはお越しにならないでしょうか。

このようなことから、
いくつかの顧問先医院でマウスピース矯正専門外来を立ち上げてきました。


・歯並びに悩んでいる患者さんがマウスピース矯正の得意な医院を、
 簡単に見つけられるような仕組みが作れないか。
・歯並びに悩んでいる患者さんの悩みを解決できる医院を増やせないか。
・矯正に失敗しないような歯科医院選びをしていただくことはできないだろうか。
・マウスピース矯正を提供することで、医院の収益を伸ばすこともでき、
 患者さんと医院両者に幸せになっていただけるようなことはできないか。


このような考えに賛同いただけたお付き合い先の歯科医院様で、
コツコツと事例を積み重ねてまいりました。

その結果このようなことが分かってきました。

マウスピース専門外来に来ていただいた方で丁寧に説明すれば、
70%程度の方は選択してくれる。 すなわち、マウスピース矯正を強化することで、
結果的に自費率が伸びることが分かってきました。


セミナーでは、

ポイント1
「マウスピース矯正」を受診したい患者さんに来院いただく広告手法
→具体的な情報発信として、セミナーでは2点の有効的な手法をお伝えします

ポイント2
当院のマウスピース矯正を選択いただけるカウンセリング手法
→患者さんに納得して選択していただく手法をお伝えします

ポイント3
当院のマウスピース矯正をどのように表現するか
→マウスピース強化型医院としての、スタイルを確立する手法をお伝えします

この3点を事例をまじえて、詳細にお伝えしようと思っています。


■日時・会場
【名古屋会場】 2013年7月21日(日)13:00~17:00(受付12:30~)
ABC貸会議室
愛知県名古屋市中村区椿町16-23 名駅ABCビル
名古屋駅 新幹線(西口)より徒歩1分
※お申し込み締め切り日 7/19(金)18:00まで


【広島会場】 2013年8月18日(日)13:00~17:00(受付12:30~)
広島オフィスセンター 
広島市南区東荒神町3-35
JR【広島駅】南口より徒歩7分 
※お申し込み締め切り日 8/16(金)18:00まで


■費用・お申し込み
25,200円 / 一名様(税込)
お申し込みはこちらから可能です。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/513311.html

■お問い合わせ
メールでのお問い合わせは
 matsutani@funaisoken.co.jp
お電話でのお問い合わせは TEL:0120-948-990(平日09:30~18:00)
担当:森・大力(お問い合わせ番号:513311をお伝えください)

《詳しくはコチラ》
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/513311.html

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る