歯科医院経営ブログ・歯周病を強化することが自費の補綴につながる

2014年10月28日 (火)

コラムテーマ:
自費率向上ノウハウ

船井総研歯科医院経営コンサルタントチームの松谷直樹です。


補綴カウンセリングを強化することが自費を強化する方法ではありません。


ある医院では歯周病のカウンセリングを位相差顕微鏡や口腔内写真を使って行っています。


なぜカリエス治療前に歯周病治療を行うのかといったことをしっかりと伝えていきます。


そうすることで患者さんの口腔内に対する意識が高まります。


結果として、根充後にカウンセリングを行うと自費を選択する確率が高まります。


この医院では特に補綴カウンセリングの内容や説明の仕方を変えたわけではありません。


歯周病治療の重要性を理解することで、患者さん自身が自分の口腔内に対する意識が高まり、補綴物も自分自身でよいものを入れた方がよいと選択されるのだと思います。


このようなカウンセリンが患者志向のカウンセリング、患者メリットのカウンセリングだと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る