歯科医院経営ブログ・歯科医院が保育事業を行う

2012年09月09日 (日)

コラムテーマ:
歯科医院経営

今日は東京で仕事でした。


弊社の保育事業専門コンサルタントの大嶽が主催する医療業向け保育事業参入セミナーにオブザーバーで参加させていただきました。


理由は私の顧問先の先生が何名がご興味をもたれていたので、私も興味を持ち、特別に参加させてもらいました。


船井総研歯科コンサルタント松谷直樹『3分で学べる歯科医院経営』

こういったことが可能なのが船井総研のよいところ、ですね。


歯科医院の先生方も来られていました。


歯科医院は地域の歯科医療施設として貢献しており、地域の一員として、存在しています。


当然患者がいて、医療サービスを提供しているわけですが、その患者さんに対して、教育サービス、それも今までに無かった教育サービスを提供しようというのが主旨でした。


ただ、ビジネスとして考えるのではなく、どういう教育を子どもたちに提供したいか、という想いの方が大切だということでした。


当然ですね。大切な子どもを預けるわけですから、想いを持った保育施設に預けたいと誰もが思うはずです。


歯科医師という職業上、日々子どもを患者として対象にしている中で、食育といった分野以外にも患者として対する以外にも、教育に関する想いを実現してみたいという方には良いと思います。


ご興味ある方はご相談ください。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る