歯科医院経営ブログ・自主性のあるスタッフさんをどう育成するか

2012年08月24日 (金)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今日は東京の歯科医院さんでコンサルティングでした。

ある医院の院長は患者さんのためになることであれば自分で判断して、院長に確認しなくてよいので患者のためになるような対応をしたらいいと伝えられています。

場合によっては、院長の思いと異なった結果になるかもしれないが、その判断や判断軸について後で相談しあうことで、次からの対応は変えることができます。

判断に迷った時には必ず、逐一、院長に判断を求めるようなシステムを取られている医院もあるが、その場合スタッフさんの自主性は育ちにくいが正確な判断が出来る可能性は高くなるでしょう。
どちらを選択するのかは、院長のスタッフ観によって変わってきます。


またその時のスタッフのレベル感によっても院長が取るべきマネジメントのありかたは変わってくると思います。


ただ、最終的に前者のマネジメントのありかたを目指すほうが医院としての力は圧倒的に高くなると思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る