歯科医院経営ブログ・良い治療を行った結果が医院の売上になる

コラムテーマ:
歯科医院経営

久しぶりのブログ更新になります。


今大阪から東京に向かっています。


最近思うのがコンサルティングをさせていただくと医院の業績が上がっていくが、結果としてよい治療を地域に広めていくことが大事だということです。

医院の売上をあげることは大切だが、それが目的になるとおかしくなってきます。

よい治療を行った結果が、医院の売上だという考え方です。


よい治療を行うためには常に勉強して技術を高めることが大切であります。


カウンセリング技術を向上させて、売上を上げても、それが長続きするとは思えません。


だから、私は技術セミナーに積極的に参加することをおすすめします。


技術の習得、向上は経営的に見れば、患者に対する新しい提案の仕入れ作業にあたります。

私の役割は院長の最も得意な分野を見つけだし、それを地域に広げていくことだと考えています。


また、患者さんに一生懸命、対応することも大切だと思います。


技術を否定するわけではありませんが、結果はどうあれ、患者さんに真摯に向き合う姿勢は、患者さんは評価してくれると思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る