歯科医院経営ブログ・院長先生とお話していること

2013年02月15日 (金)

コラムテーマ:
歯科医院経営

今日は大阪の歯科医院でコンサルティングでした。


コンサルティングのメインは院長先生とお話しし、残りはスタッフ面談やミーティングをさせていただくということが多いです。


院長先生とのお話は、広い範囲に渡ります。


言葉で書けば、

・先月、今月の数字状況

・院内の状況変化(スタッフの変化)

・先月の宿題確認(弊社と医院側両方)

・現状のマーケティング上の課題に対する対策

(システムなもの、ツール的なもの、マニュアル的なもの。)

・現状のマネジメント上の課題に対する対策

(いつどの職種の人を採用するか。現状のメンバーに対しての指示や声のかけ方、育成方法など)


がメインになるでしょうか。


それらのシステム変更やツールの現場への落とし込みにおいて、スタッフさんの協力が必要になってくると、個別面談をしたり、ミーティングという手法を取るようになります。


そんな話をしていると、雑談になったり、色々な話をすることが多くなってきます。


比較的、プライベートなお話をしていただけることも多く、そういうお話をしていると、先生が今どのような精神状態にあるのかもよくわかりますので、個人的に話していただけるとありがたく思います。

色々と本音のお話をしていただけます。

タイムリーな話ですと、今は受験の季節ですので、必然的に、受験や進学の話があがることが多いです。


経営の話ばかりでなく、本音の部分を通じて、お付き合いできることをありがたく思う毎日です。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る