歯科医院経営ブログ・HPの写真はプロのカメラマンに撮ってもらう

2012年08月11日 (土)

コラムテーマ:
歯科医院経営

船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今日は大阪の先生に弊社までお越しいただき、コンサルティングさせていただいた後、移動して、別の大阪の歯科医院さんに伺ってきました。


歯科医院のHPでは必ず、院内写真、外観写真、院長写真、スタッフの集合写真などなど、写真が必ず絡んでくる。


この場合に、写真は必ずプロのカメラマンさんに撮っていただくことをおすすめしています。


素人が撮るのとプロが撮るのとでは、素人目に見ても明らかに違うことが分かります。


HPはまだ来院したことのない方が見る媒体です。


従って、必要以上によく見せる必要はないが、実際以下の印象を与えてしまうとマイナス効果になってしまいます。


歯科医院は医療業であり、特に清潔感、信頼感、安心感、この3点をHPで伝えることが大切です。


その場合に写真は最もダイレクトにイメージを強く印象付けるポイントになります。


費用はかかりますが、今からでも見直されることをおすすめします。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る