歯科医院経営・歯科業界が他業界の領域を取り込んでいく

コラムテーマ:
歯科医院経営

今日は船井総研大阪本社で先生とお会いしていました。


歯科医院は歯科治療を中心とした医療サービスを行っています。


今後は、この歯科医療を中心とした医療サービスは変わらないと思いますが、先進的な医院は歯科医療以外の周辺業界を取り込んでいっています。


例えば、歯周病は全身疾患との関係があると最近立証され始めています。


従って、歯周病治療をきちんと行うことが、心臓病、糖尿病の予防につながるという提案を患者さんにしていっています。


歯科医院が医科領域の患者も対象にしていくという考え方です。


美容領域へのアプローチもあります。


例えば、歯科助手の方でも使用できる美容機器を使って、お口周りのエステを実施している医院があります。


今まで、エステサロンが得意としていた領域を歯科医院が実施できる範囲で、取り組んでいくという考え方です。


医院のコンセプトを変える必要はありませんが、コンセプトに沿った形で上手に新しい時流を取り込んでいただければと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月9日(日)ドクターズライフ安心倶楽部「創」様主催のセミナーにてマネジメントをテーマにした、お話をさせていただきます。

ご興味ある方はご参加ください。


「スタッフの能力を120%引き出す法

~今どきスタッフの採用・育成ポイント」

http://www.seminars.jp/user/seminar_d.php?sCD=72105

☆このようなお話をする予定です

「スタッフ脳」と「院長脳」の違いを理解する 
・「スタッフ育成」の前に「スタッフ採用」に力を入れる
・スタッフ育成が上手くいっている院長の共通項
・「患者視点での経営」が院長・スタッフが一体化できるポイント
・スタッフに対する間違った対応ケーススタディ
・Aさんを育成するのではなくAさんが育つ文化を作る。(属人的な育成ではなく、育つ文化作り
・労働環境(有給・残業・退職金・試用期間等の各種規定)は無視できない時代になった
今後の歯科衛生士採用予測と対策



☆このような事例をご紹介する予定です
・常勤・パート混在の組織の中で院長の考えを浸透させているA院長の手法とは?
・スタッフ向けセミナーに100%参加していただいているB院長の手法とは?
・独自の採用・面接ノウハウで自院の文化に合致したスタッフを採用しているD院長
業界常識外の採用手法でスタッフを採用しているE院長の手法


☆この様なお悩みをお持ちの方におすすめです。
・現在のスタッフの能力をもっと発揮させたいという方
・スタッフ採用にお悩みの方
・スタッフマネジメントについて勉強したい方
・チーフスタッフを作りたいとお考えの方
・院長とスタッフと一体化した組織を作りたいという方
・情報共有をもっと促進したいと考えている方



☆開催要項

日程  2012年12月09日(日)

時間  13時30分 ~ 16時00分
講師 船井総合研究所 経営コンサルタント 松谷直樹

    株式会社インベストメントパートナーズ 上席コンサルタント 松原義恭

受付開始 13時00分
定員 20名
参加費 10,000円
会場 ブリーゼタワー8階
会場住所 大阪市北区梅田2-4-9
アクセス JR大阪駅徒歩8分、地下鉄四つ橋線西梅田駅徒歩3分
主催/ドクターズライフ安心倶楽部「創」、共催/株式会社インベストメントパートナーズ



☆お申し込みはこちらから可能です

http://www.seminars.jp/user/seminar_d.php?sCD=72105

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る