歯科医院開業の経営相談

コラムテーマ:
歯科医院経営

船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今日当ブログを拝見いただいている方から、経営相談のお問い合わせを頂きました。

内容は開業のご予定があるようで、いろいろとお話をさせていただきました。

1年半後以降の開業を予定されているようですが、現段階から情報収集しておくことは大切ですね。



開業において最も重要なのは立地でしょう。


立地については過去にも色々と書いています。



最近の状況を見ているとテナント開業であれば、階数が低いほど有利であるということです。


3階よりも2階。2階よりも1階が患者さんが来院しています。


これは、階数が低いほうが認知度が高まりやすいからでしょう。



開業時は認知度がゼロですから、医院自体が看板としての機能を果たせる1階立地は広告費用も兼ねていることになります。


階数が高くなれば、首を上に上げないと、目に入らないので、認知度が高まりにくいからでしょう。



もちろん、デメリットとしては賃料が高くなることです。


従って、少ない坪数で最大限診療スペースを確保すること。


スタッフルームなどは別立地にすること等々の工夫が必要になるでしょう。

開業をご予定の方は立地に徹底的に妥協せずこだわられることをおすすめします。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る