歯科経営ノウハウについての私の考え

2008年09月19日 (金)

コラムテーマ:
歯科医院経営

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

突然なのですが、歯科医療の目的とは何でしょうか。

私は、患者様のお口の問題解決を行い、患者様に心から喜んでいただくことと考えています。

例えば、痛みからの解放であったり、見た目の改善であったり、非常に幅広いものであると思います。
ところで、先生はどのような診療を目指されていますでしょうか。

おそらく、「理想の診療スタイル」、というものが頭の中にあるのではないでしょうか。
「理想の診療スタイル」といいますと、難しいかもしれませんね。

簡単に言いますと「特にどのような点で患者さんに喜んでいただきたいのか」ということと同じ意味とお考えいただいてもよろしいかと思います。

例えば、小児から年配層まで幅広い患者様に数多く来てもらえる医院にしたい・・・。
大人の年配層を中心に少数の患者さんに質の高い治療を提供していきたい・・・。


売上収益を改善し、医院をリニューアルしたい・・・。

実は先生方の医院一軒一軒における理想の診療スタイルは実は異なるはずです。

現在の診療はその理想の診療スタイルになっていますでしょうか。

もしくは現在の延長に理想の診療スタイルは実現できるでしょうか。

もし、理想と現実が異なるというのでしたら、理想に近づけていく必要があるでしょう。
そのために有効なのが、「歯科医院経営ノウハウ」という手段なのです。

例えば、もう少し、利益を上げていき、マイクロスコープを購入し、より質の高い診療をしたい。

例えば、もう少し現場スタッフと一体化し、医院全体で、活き活きとした診療を患者様に提供したい。

これらはすべて、患者さんのための診療をしたいという思いからきているはずです。
そのためには、いくつかの経営ノウハウを活用することで実現することができます。

経営ノウハウを知り、実践することで回り道を避け、効率的に目標に近づくことができます。

すなわち、歯科医院経営ノウハウを学ぶことによって、より患者さんに喜んでいただける診療スタイルが実現できることになるのです。

経営ノウハウは単に収益をアップし、利益を増やすためのものではないと思っています。患者さんのための診療の結果としての収益です。

私は、先生方の理想の診療スタイルを実現し、結果として収益面も十分に得ていただく、そのような実現のお手伝いをするために日々コンサルティングをしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら

matsutani@funaisoken.co.jp


㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹あてまでお願いいたします。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る