歯科衛生士よりも受付・歯科助手の方が採用しにくくなる時代へ!?

2016年01月19日 (火)

コラムテーマ:
人財採用

みなさんこんにちは。

歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親(とざわよしちか)です。

明けましておめでとうございます。今年度も皆様宜しくお願い申し上げます。

さて、私からの2016年第1号のブログテーマは、採用に関する記事にします。

私たち船井総研の歯科医院経営コンサルティングチームでは、2014年7月から歯科に特化した人財開発チームを設けました。

その結果もあり、大分ノウハウが蓄積されて、昨年度はお陰さまで多くのクライアント様で採用実績を作ることができました。

採用実績の大半は歯科衛生士です。

が、しかし、受付や歯科助手採用には大分苦戦しました。

歯科衛生士は超売り手市場ですが、受付・歯科助手などの採用においても歯科医院の場合、超売り手市場です。

なぜなら・・・

有効求人倍率が1.3前後で推移しているわけですから、圧倒的に求職者数を企業側の応募総数が上回っているわけですね。

歯科衛生士採用における競合先は一般的に歯科医院のみです。

受付、歯科助手さんたちはいかがでしょうか。

競合先は企業全体になるわけですね。企業全体となるとどういうことか、恐ろしく良好な条件との戦いです。

一般的な企業の条件は当然ですが、

「9時~18時勤務&土日休み&社会保険加入」

が当然とした上で企業風土等の強みがあります。

この企業と戦いながら宝の人財を獲得しようと思うと、並大抵の努力では獲得できません。

これからの採用に関するキーワードは

「働きやすさ×働き甲斐×育つ風土作り」

です。

患者様に治療の質を担保するためには、安定的な人財の定着は欠かせません。

ぜひ、今年はこのあたりにも、時間とお金と愛を投資しながら、励んでみてください。

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る