求める医院のために経営ノウハウを使う

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

どのような医院にしていくか、ということを設定することが経営の中で

最も大切だと思います。

例えば、「患者に喜ばれる医院」ということもひとつのあり方でありますし

「スタッフが楽しく働ける医院」もそうです。

「保険にとらわれず、自由診療メインの医院にする」

「収益を増やし、借入をかえしたい」、ということもひとつの目標だと思います。

その目標は、院長の年齢ととともに、医院の状況によって変化していくことでしょう。

そして、その解決のために、マーケティングノウハウや、マネジメントノウハウ

が必要になります。

しかし、これらはあくまでノウハウであり、手段に過ぎません。

時々、例えば「ホームページの作り方」に頭が行き過ぎて、よいホームページを

作ることが目的になってしまうようなことがあります。

時々、振り返り、手段が、目的化していないかチェックする必要があると感じます。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る