治療技術は患者には本当にわからないか

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

この10年間の中で歯科医院経営は大きく変化してきました。


そして今さらに変化しそうな兆候を私は感じています。

ホームページはこの10年くらい歯科医院の強化すべき

マーケティング手法として重視されてきました。

実際にホームページを強化することで患者数が増える事例は数多くあります。

その結果、現在歯科医院のホームページは多くの医院が持つようになり、

患者はホームページをたくさん見ることで情報過多になり、

医院をホームページだけで選択できなくなっているように私は感じています。

あるいは、患者には治療技術は分からないので、

接遇や患者対応を強化しておけば患者は増える、

という理論も広がってきました。

例えば上記の2つの手法には、治療の技術的な側面は重視しなくとも、

患者が集まるという観点からのアプローチだったと思うのですが、

そのような時代は終了しつつあると感じています。

一点は医療従事者として、治療の技術が高いことが患者にとって

最も優先順位の高い提供サービスであることです。

もう一点は口コミの多い医院は明らかに治療の技術的な側面で

来院されている患者が多い、増えてきたことです。

私たちは10年、20年あるいは、継承を考えたとき数十年単位で

そのエリアで医療サービスを提供するわけです。

そのようなことを考えたときに、短期的に患者が増えることよりも、

長期的に患者に支持され続ける医院作りを考えなければなりません。

そんなときに治療技術を第一優先で考えることが

実は遠回りに見えて最も有効な経営ノウハウだと感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る