生涯に渡る患者との付き合い

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

目先の自費収入を向上させることも重要な問題ですが、無理なカウンセリングをして一時的に自費になったとしても、そのあと継続してその方が他の部分も自費にならなければ却ってマイナスです。

一生涯に渡る患者からの収益をいただけるようなお付き合いをしていく考え方が、患者から求められている医院でしょう。

その結果、その患者からの紹介もますます増えるでしょう。

自費の患者から紹介が出るか出ないか、ということを考えてみると、自院のカウンセリングのあり方を考えなおす指標になると思います。

満足していれば紹介は出るでしょうし、なければ、他人に勧めにくい医院であると解釈できるでしょう。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る