研修の目的

2011年10月13日 (木)

コラムテーマ:
充実したミーティング・研修をしよう

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

久しぶりのブログ更新です。

歯科医院バスクリニック視察ツアーや働きがいセミナーでバタバタしていました。

これから、また更新頻度を上げていきます!!

今日は、大阪の医療機関さまでのご支援でした。

視察ツアー、働きがいセミナー、ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。

先日、クライアントさまで研修を行いました。

5時間程度の研修会でしたが、最高でした!!

4月から入社したいつも怒られてばかりであった新人さんが、

入社5ヶ月間での振り返りを発表したことで、

聞いていた先輩スタッフからたくさんの温かい励ましの声が飛び交い、

新人スタッフの本人は、号泣に。。。

そして、それを見ていたスタッフがもらい泣きを。。。

本当に涙につつまれた研修会でした。

戸澤良親の医療コンサル珍道中日記-研修風景

皆様も、研修会をぜひ、年末に向けて実施していただきたいのですが、

研修の目的を整理しておきましょう。


.院長先生の理念・医院方針の浸透化

2.2011年の振り返りと2012年の目標に関する全体共有

3.医院全体での一体化の生み出し

.各スタッフのポテンシャルの引き上げ

.歯科医院が成長するためのポイントを知る

この5点が主だと思います。

1回の研修会で上記の全ての目的を網羅することはなかなか難しいと思いますので、

定期的に研修会を開催し、目的を決めて、プログラムを落とし込んでみてください。

それでは、頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る