競争できることとできないこと

コラムテーマ:
患者様を増やす

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

本日は、今から兵庫県の歯科医院様のご支援です。

昨日お伺いした歯科医院さんも

・分院展開

・海外への法人開設

などの夢を描かれているようです。

ここ最近で、大きな夢を描く方が増えて参りました。

私としても嬉しい限りです。

安定志向ですとつまらないですし、

安定志向では、結果として安定せず、衰退していきます。

向上心を持っていきましょう!

さて、本日の議題は

「競争できることとできないこと」

です。

競争できることとは何でしょうか。

一言でいうと

「お金を使えばできる」ことですね。

CTを入れる

マイクロスコープを入れる

レーザーを入れる

などですね。

ここらへんのことはお金を使えばできます。

よって、

今競合医院で導入していないとしても

今後まわりの歯科医院さんが導入する可能性もあります。

もちろん、小規模医院にはできない投資ですので、

このようなことだけでも、小規模と大規模の差別化となり、

その結果、二極化が進んでいきます。

ここでお伝えしたいことは、

「お金を持っている医院さん同士の競争」

ということです。

競争となりえない部分

つまり、お金だけでは手に入れることができない部分

それは

資格やライセンスの取得

であったり

臨床スキル

です。

このような、お金以外に時間のかかるが

努力すれば手に入れることができるものを

積極的にスタッフさん交えながら、実践していただきたいと思います。

プライスレスな部分でのアプローチを忘れずに

頑張られてください。

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る