紙マニュアルから動画マニュアルへ切り替えよう!

2014年11月11日 (火)

コラムテーマ:
スタッフの能力を高める教育

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

昨日は兵庫県、今日は神奈川県のコンサルティングでした。

そして、今、大阪に帰っています。

ここ数日、なぜか、

「マニュアル作り」

に関するご質問をよくいただきました。

数年前からクライアント様には

紙のマニュアルから動画映像によるマニュアルに

切り替えてもらっています。

理由は

①紙も動画もほとんど製作における労力が一緒であること

(むしろ動画のほうが楽ですね)


②動画は新人スタッフのイメージが沸き、実践につなげやすいこと

③製作するスタッフ側の意欲とチームの一体感が生まれること

この3点ですね。

新人スタッフへのメリットは②

既存スタッフには①と③がメリットですね。

とにかく、楽しんで作れます。

動画の校正としては


・その動画テーマの趣旨・目的について

・(場面1)実践

・(場面1)解説

・(場面2)実践

・(場面2)解説

・・・

といった流れですね。

・電話対応編

・初診時対応編

・会計編

・在庫管理編

・バキュームテクニック編

・口腔写真撮影編

・・・色々ありますね。

もちろん、カウンセリングも動画化しましょう!

・新患カウンセリング

・セカンド

・補綴

・治療終了

などなど。

この前、嬉しかったのは

クライアント様で

あるTCの方が、昔先輩が作った補綴コンサル動画マニュアルを見て学習した次の日にコンサルをしたら、3人中3名、成約に至りました!

このように、即時結果にも結びつきます!

ぜひ、時間をかけてでも、取り組んでみてください。

どちらにしてもすぐにできないことですから

初動はお早めに!

では、頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る