経営者気質とは

2013年03月07日 (木)

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

本日は大阪でご支援、夜は兵庫県の歯科医院様にお伺いし、今、広島県に向かっております。

久しぶりに本日経営者気質の先生に出会いました。

・ユニットあたり生産性30万点

・無借金経営

・経費バランスが適正

と、素晴らしい診療経営をされている方でした。

では、経営者気質とは、何でしょう。

反対語が、職人気質です。

どちらが良い、どちらが悪いというわけではありません。

そして、歯科医院の方はドクターですから、職人気質の先生が多いです。

ただ、1点だけ断言できることは、

経営者気質の方の方が医院規模の成長スピードは速いということです。

経営者気質とは、

・将来ビジョンを描きながら、日々の診療をしている

・返済と融資のバランスが取れている(銀行との付き合い方が上手い)

・収益構造をしっかりと理解した上で経営ができている

・従業員の育て方、かかわり方が上手い

・行動力(決断力×スピード感)が高い

・小さなこだわりよりも大きな夢を大切にする

などを持ち合わせている人です。

普段、接する方ですと、職人気質の方が多いので、分院展開などのお話をあまりお勧めしませんが、

今日は久しぶりに、心から提案させていただきました。

自分の性に合ったことをする方がよいです。

苦手なことはやめて、得意なこと、自分の性格に合ったことをしていきましょう。

ぜひ、皆さまも頑張ってください!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る